就業規則作成のメリット

就業規則を作成すると、どのようなメリットがあるのでしょうか

① 労使間のトラブルを未然に防止し、安定した労使関係を作ることができる。  

 従業員とのトラブルは、未払い残業代請求や、解雇処分、復職など多岐に渡ります。

就業規則を作ることによって、従業員にも会社のルールを明確に伝えることができるので、トラブルを未然に防止することが出来ます。

 また、就業規則が無ければ、これらのトラブルに対して、会社側としてもあいまいな主張しかすることが出来ず、会社にとって不利な解決を強いられる恐れがあります。

 

② 良い人材を集めることができる。  

 就業規則がなければ、会社は経営者によって恣意的な運用がされているのだというレッテルを貼られてしまいます。良い人材は、その会社がどのようなルールに基づいて運営されているかについて敏感です。就業規則があれば、ルールの明確なホワイトな会社であると認識され、良い人材が集まります。

 

③ 人件費の削減  

 就業規則がなければ、時間外労働の管理も従業員任せになります。仕事が終わっているにもかかわらず、会社に居残ってタイムカードを押す従業員。未払い残業代請求のトラブルになった場合、タイムカードのとおりに割増賃金を払わなければならなくなります。

 時間外労働は、所属長の承認がなければできない等の就業規則を定めておけば、これらのトラブルに対して会社に有利な解決を導き、無駄な人件費を抑えることができます。

 

④ 助成金の申請  

 厚生労働省が行う助成金については、就業規則が作成されていることが条件となっているものが多く、就業規則を作成することによって、助成金の申請が可能となります。

 

⑤ 税金や社会保険料の削減  

 出張旅費規程や退職金規定を定めると、税金や社会保険料の削減を図ることが出来ます。

 

⑥ 合理的かつ効率的な会社運営によって会社の業績をアップ  

 就業規則を作成し、会社の仕組みを明確にすることによって、従業員は安心して働くことができますので、従業員の定着率が上がります。従業員の定着率が上がり、経験や知識を蓄えた従業員が増えることによって、会社の業績もアップします。

 また、就業規則に、社長の熱い思いを存分に盛り込んで、組織力を高め、従業員のモチベーションをあげて、明るい職場環境を実現することができます。

 

←就業規則の作成変更  就業規則の内容→


大阪 高橋孝司社会保険労務士事務所 電話 就業規則

ご相談は何回でも無料です。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 大阪 就業規則